未分類

稼ぐためのアドバイス

【甲斐さんと築地さんからの学び】

暗黙知のギャップ埋めが重要

暗黙知とは、経験的に使っている知識だから簡単には言葉で説明できない知識

稼ぐ為にはこの、暗黙知のギャップ埋めが重要。

暗黙知は言葉では簡単せに説明できない分、本や電話などではなかなかギャップ埋めができない。

だからこそ、直接会っての時間共有が大切!

 

■1000万は「その人じゃないと」の額
サラリーマンの場合、月収80万はその人じゃないとできない仕事がある人じゃないと到達できない金額。

■稼ぐための共通ルール
何かを売ろうとするのではなく、相手を良くしてあげれば稼げる。

■人格と収入は比例しない
稼いでいる人が人格者とは限らない。
稼いでいても「人として」がなってない人もいる。

■終わりがないと人間頑張れない
築地さんは商売を始めようと決心され、大学を卒業後単身京都に引っ越しをされました。
理由は甲斐さんの当時の師匠から直接学びを得るためです。
親には反対されたそうですが、3年で1000万稼げなかったら帰ってくると宣言して京都へ。
3年たっても「1000万稼げなければやめる。800万や900万でもやめる」と決断し、結果的に3年で年収1000万を達成されました。

■信用できる、信頼してくれる人が一人できれば、その周りの人の人脈まで手に入る
築地さんは長年付き合いのあるビジネスパートナーの甲斐さんからの紹介だから信用して、僕たち3TFのメンバーに惜しみなく情報を提供してくださっている。

■稼ぎたいなら「ちゃんとやる」だけ。
保険業界がテキトウに相手を言いくるめて営業し成約をとっている営業マンが多い。そんな中で本当に相手の立場になって相手に必要なものを伝えれば売れる。信頼してもらえる。
「周りの営業マンがひどすぎるから、ちゃんとやるだけで稼げる」と築地さんは言います。
アフィリエイト業界なんてまさにそう!!!と甲斐さんもおしゃっていました。
適当にやって稼いでいるやつがネット業界には多い。だから1次情報を発信したり、本当に相手の悩みを解決できる情報提供をやればちゃんと稼げる。

■稼ぐ理由は「意見を通すため」
築地さんは今のテキトウな商品を売る保険業界を変えたいとおしゃっています。
その為には、保険業界で自分の意見が通りやすい状況を作らないといけない。
だから稼ぐ。稼いでいる方が意見が通りやすいから。

■「人として」がなってないとT-UPかけれない。
どんなに稼いでいても、どんなに凄い知識を持っていても、「人として」が疎かな人はT-UPをかけてもらえない。そんな人誰にも紹介したくないから。

■早く稼ぎたいなら「ノウハウだけ学べ」
早く稼ぐならノウハウだけを学べばいい。でもそれではノウハウが廃れたらどうしようもない。稼げなくなる。
だから考え方(マインド)が大切。考え方が分かり本質がわかっていれば状況に合わせてまた稼ぐことができる。
機に例えると考え方が幹でノウハウは枝葉に過ぎない。

■稼ぐのは簡単、稼ぎ続けるのは難しい。
一瞬稼げるようになるのは簡単。一過性で波に乗った人は簡単に稼げる。ビットコインバブルに乗った人がいい例。
稼ぎ続けるのはムズカしい。

■印象づけて覚えてもらう
会社のお茶だし一つ丁寧に本気で行う。自分が入れたお茶だとわかるように。
・お茶を出す向き
・お茶を出すタイミング
・お茶の温度
・お茶の味(抽出具合など)
・お茶の出す順番
・お茶を置くお盆の置き方
などなど
「お茶を出すときにパッと相手をみて右利きであれば右、左利きであれば左側にお茶を出す」とまで築地さんはおしゃっていました。

あっ、今日のお茶はアイツが淹れてくれたな!
と思われるくらいにやる。
そうすると印象づいて自分を覚えてもらえる。それがチャンスに繋がったりもする。

■向き不向きは「本気」だからわかる
自分がやっていることが、自分に向いていることなのか
向いていないことなのかは「本気」でやらないとわからない。

■瞬間判断
お誘いの電話を受けたら、瞬間判断して「いく or 行かない」を判断する。
そのまま悩んでいたらお互いの時間の無駄。
誘われてすぐに「行きます!」と行って来たら、誘った方も「来てよかった」と思ってもらう為にいい情報を与えたり楽しませたりするようになる。

■値段の付かないものに本当の価値がある
信用は金額では表せれないから計り知れない価値がある。

■プロの仕事は余韻が残る
プロの仕事は家に帰った後でも余韻に浸ることができる。
例:先日甲斐さん、中谷さん、鍋ぞうさん、つちやさん、築地さんで会員制の高級料理店に行った時のこと。
店をでて帰ったあとでも
・店の雰囲気
・味
・接客
などの余韻に浸ることができた。