7桁日記

【7桁日記】外注さんを雇い感じたこと。

外注さん雇う

この【7桁日記】は、僕が月7桁を稼げるようになるまでの行動や思考を日記として残していくものです。将来できる僕の子供に読んでもらいたい。

ゆと
ゆと
我子よ、父さんはこんな事やって、こんなこと考えてたんだよ

【7桁日記とは?】〜僕が書く理由〜

 

2018年7月21日

やった作業
  • 領収書の整理
  • 出版予定の本の原稿チャック
  • このブログの外観&内部の編集
  • 変人ラジオの編集とUP
  • ブログ4記事投稿
  • アフィリエイト用ブログ4記事投稿
  • 外注さんと電話打ち合わせ
  • その他社長さんのアシスタント業務
  • トイレ掃除

※トイレ掃除は7桁稼げるまでは継続しようと決めている(その頃には習慣になっていて、達成したからといってやめることはないと思うが)

数日前から僕の記事作成のアシスタントとして外注さんを雇った。初めて人を雇うという経験をして感じたのは、「仕事をしてくれる外注さんのためにも稼がないといけない」ということ。

 

やっぱりやってみて初めて感じること、わかることってあるな〜

自分だけで仕事をしていた時と違って「この人の為にもやらないといけない」という責任が発生する。

 

大企業の社長さんって凄い。プレッシャーに耐えるだけの、それぞれの従業員の立場を考え会社の舵をとり決断を下していくだけの器。

 

我が子へ

この記事を読んでいる君は何歳かな? 2018年7月現在僕(父さん)は24歳だー