未分類

退職して大学!?自分の人生を生きる決意

さて、
今回は、自分の人生を生きている
僕の友人を紹介させてください。

僕の小学校からの友人でKくんといいます。

img_0_m.jpeg

「自分が夢に向かって頑張ってないのに
自分の子供に、『夢のために頑張れ』なんて言えない。
そんな父親になりたくないから
頑張る」

と彼は言いました。

Kくんは、佐賀の高校を卒業後
千葉県で就職、
工事で使う用具を貸し出す
仕事をしていたのですが1年半後に
会社に退職届を出しました。

小さい頃からものづくりが好きで
飛行機の設計をしたいという強い
想いを捨てきれず
一度きりの人生本当にやりたいこと
をやろうと決意して。

もちろん、
両親からは反対を受けたそうです。

でも、彼は自分自身の人生を
自分の意思と決断によって歩んで
いく
と決めたのです。

周りに流されることなく。

退職後、彼は実家へ戻り勉強に
取り掛かりました。

coffee-2351440_1280.jpg

しかし、彼の行動を見ていた両親は
息子が

「病気になったのでは!?」
と思ったそうです。

理由は、、、、

今まで全く家で勉強してこなかった
息子が朝起きてから寝るまでずっと
勉強をしているからです。

昨日久々に彼と電話で話をしたのですが、

「受験勉強の時
1日何時間くらい勉強してたの?」

と僕が聞くと

「わからない、起きてから寝るまで笑」
と答えてました 笑

ちなみに、彼が実家に帰って受験勉強を
始めた頃の模試の点数が900点満点中
なんと、、、

たったの
100点

そんな彼は退職してわずか6ヶ月で
猛勉強し500点ほどの点数を取るように
なり、見事滋賀県の大学に合格を果たすのです。

あ、言い忘れてました。
彼、商業高校出身です。

それがどういうことか、、、、

進学を目指す普通高校に比べて
圧倒的に普通教科の勉強範囲が少なく
受験対策など全くやったことがなかったということです。

それで、わずか6ヶ月で500点
まで点数を爆発的に上げ希望の大学へ
入学していったのです。

そんなKくんに1年前に
地元で会ったときのことです。

僕:
「Kくん良くそんなに頑張れたね」

と僕が言うと、彼が言ったのです。

Kくん:
「自分が夢に向かって頑張ってないのに
自分の子供に、『夢のために頑張れ』なんて
言えない。そんな父親になりたくないから
頑張る」

と。

自分の心に正直になり、
本当に自分がやりたいことに挑戦する。

僕はカッコイイと思います。
なぜなら
それは簡単なことではないと思うからです。

自分の心に正直になる
それは、自問自答し
自分と本気で向き合い
自分が本当にもとめているものを
感じて見つけ出さないといけない。

自分がやりたいことに挑戦する
それは、他人に流されない自分軸と
自分を信じて一歩を踏み出す行動力が
必要。

世の中には
「〇〇◯やってみたいなー。」
と自分が望むことを言っている人が大勢います。

そんな彼らの9割が
その後に決まって言うセリフが

「でも、、、」

です。

できない理由を述べるのです。

本気でやりたいなら
できない理由はいいから
できる理由を探そうよと思うのですが、

そういう人達は心の底から
やりたいとは思っていないのでしょうね。

あなたは、

どっちでしょうか?