未分類

きっとあのひとは

『きっと、、、』

ツナグという映画でたしか
こんな事を言っていたと思います。

心に残っているのでココに書き記しておきます。

==============
cfgh

人間はみんないつか必ず死んでいく

死んでいった人達はいったいどこに行くんだろう

僕たちが知らないどこかへ行くのだろうか

この世界では、何かをする時、
この世を去ったあの人に見られていると
感じて行動を決めることがある

もしあの人が生きていたらどうしただろう?と。

あの人なら今の僕になんと言ってくれるのだろうと。
時にはその人達に叱られることさえ、望みながら。

日々を続ける。

=============

こちらはツナグの中で読まれる詩です。

【最上のわざ】

この世の最上のわざは何?

楽しい心で年をとり、

働きたいけれども休み、

しゃべりたいけれども黙り、

失望しそうなときに希望し、

従順に、平静に、おのれの十字架をになう。

若者が元気いっぱいで神の道をあゆむのを見ても、
ねたまず、
人のために働くよりも、
けんきょに人の世話になり、

弱って、
もはや人のために役だたずとも、
親切で柔和であること。

老いの重荷は神の賜物。

古びた心に、
これで最後のみがきをかける。

まことのふるさとへ行くために。

おのれをこの世につなぐくさりを少しずつはずしていくのは、
真にえらい仕事。

こうして何もできなくなれば、
それをけんそんに承諾するのだ。

神は最後にいちばんよい仕事を残してくださる。

それは祈りだ。

手は何もできない。

けれども最後まで合掌できる。

愛するすべての人のうえに、
神の恵みを求めるために。

すべてをなし終えたら、
臨終の床に神の声をきくだろう。

「来よ、わが友よ、われなんじを見捨てじ」と。